HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


ファンファン・チューリップ Fanfan la Tulipe



フランス民謡から「ファンファン・チューリップ」Fanfan la Tulipe(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  お父さんたちがみんな
  しているように
  ぼくのパパも
  ある日ぼくを
  階段の下につれてって
  ぼくをみながらこういったんだ
  なあ おまえ
  うちにある
  金をみな
  お前にやるから
  さあいけ

  さあいけ
  ファンファン・チューリップ
  進めチューリップ
  さあいけ

  まだほんの小僧だったけれど
  ぼくは5円玉をもって
  パリからローマへ
  勇んででかけた
  最初は天使のように元気でも
  腹ペコでは倒れそう
  兵隊が
  きたけれど
  通り過ぎてった
  ねえ何か
  食わせてよ

  さあいけ
  ファンファン・チューリップ
  進めチューリップ
  さあいけ

  銃声が聞こえてきて
  ぼくは家が恋しくなった
  でも戦場には
  兵隊がたくさんいる
  ぼくも一緒になって
  腹ばいになって
  進め 進め
  ファンファン・チューリップ
  すみやかに
  恐れずに
  先へ進め

  さあいけ
  ファンファン・チューリップ
  進めチューリップ
  さあいけ

  わらの屋根の家で
  ちょっと一休み
  その間にバラの苗を
  植えておこう
  戦いに備えて
  兜を手入れしよう
  ぼくは兵隊の
  手本だ
  ぼくはほんとの
  フランス兵だ
  正真正銘の

  さあいけ
  ファンファン・チューリップ
  進めチューリップ
  さあいけ


フランス人の傭兵をテーマにしたと思われるこの歌は、18世紀に広く歌われていたようです。それをもとにして、1819年にポール・ドブロが今日のような形に作り直しました。今でもフランスでは人気のある曲です。

1952年に、ジェラール・フィリップを主演を勤めて、同名の映画が作られました。







Fanfan la Tulipe

Comme l'mari d'notre mere
Doit toujours s'app'ler papa,
Je vous dirai que mon pere
Un certain jour me happa,
Puis me m'nant jusqu'au bas de la rampe
M'dit ces mots qui m'mirent tout sens d'ssus d'ssous :
J'te dirai, ma foi,
Qui gnia plus pour toi
Rien chez nous,
V'la cinq sous,
Et decampe.

En avant,
Fanfan la Tulipe,
En avant la Tulipe,
En avant !

Puisqu'il est d'fait qu'un jeune homme,
Quand il a cinq sous vaillant,
Peut aller d'Paris a Rome,
Je partis en sautillant.
L'premier jour j'trottais comme un ange
Mais l'lend'main je mourais quasi d'faim.
Un r'cruteur passa
Qui me proposa,
Pas d'orgueil,
J'm'en bats l'oeil,
Faut que j'mange

En avant,
Fanfan la Tulipe,
En avant la Tulipe,
En avant !

Quand j'entendis la mitraille,
Comm' je r'grettais mes foyers !
Mais quand j'vis a la bataille
Marcher nos vieux grenadiers ;
Un instant nous somm's toujours ensemble,
Ventrebleu ! me dis-je alors tout bas :
Allons, mon enfant,
Mon petit Fanfan,
Vite au pas,
Qu'on n'dis' pas
Que tu trembles

En avant,
Fanfan la Tulipe,
En avant la Tulipe,
En avant !

Maintenant je me repose
Sous le chaume hospitalier
Et j'y cultive la rose,
Sans negliger le laurier,
D'mon armur' je detache la rouille.
Si le Roi m'app'lait dans les combats,
De nos jeun's soldats
Guidant les pas,
J'm'ecrierais :
J'suis francais !
Qui touch' mouille.

En avant,
Fanfan la Tulipe,
En avant la Tulipe,
En avant !


前へHOME次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2009
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである