HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


月の坊や Jean de la Lune



フランス民謡から「月の坊や」Jean de la Lune(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  暖かい春の日です
  100年も前のこと
  パセリの葉の下で
  生まれました
  月の坊や 月の坊や

  キノコみたいにまん丸で
  とってもかよわくて
  オウムのような色をして
  おしゃべりなの
  月の坊や 月の坊や

  爪楊枝を杖にして
  瞬きしながらよちよち歩き
  いつも眠ってるの
  かぼちゃの中で
  月の坊や 月の坊や

  森の中にでかけては
  あちこちさ迷い歩くの
  すると小鳥たちが歌うの
  輪になって
  月の坊や 月の坊や

  くるみの車に乗って
  時々遠出をするの
  花咲く道に沿って
  微笑みながら
  月の坊や 月の坊や

  小川が突然現れて
  渡れないときには
  一とびで飛び越えるのよ
  葉っぱの上を
  月の坊や 月の坊や

  坊やが死んだらみな悲しんで
  かぼちゃの中に埋めました
  十字架にはこんな文字
  ここに眠る
  月の坊や 月の坊や


森の中で生まれた不思議な男の子のお話です。パセリの葉の下で生まれ、キノコのようにまん丸とした男の子のイメージは、月からやってきた使者のように受け取られています。フランス版の、それも男の子を主人公にした、竹取物語です。







Jean de la Lune

Par une tiede nuit de printemps,
Il y a bien de cela cent ans,
Que sous un brin de persil sans bruit
Tout menu naquit
Jean de la Lune, Jean de la Lune.

Il etait gros comme un champignon
Frele, delicat, petit, mignon
Et jaune et vert comme un perroquet
Avait un bon caquet
Jean de la Lune, Jean de la Lune.

Pour canne, il avait un cure-dent
Clignait de l'oeil, marchait en boitant,
Et demeurant en toute saison
Dans un potiron
Jean de la Lune, Jean de la Lune.

Quand il se risquait a travers bois,
De loin, de pres, de tous les endroits,
Merles, bouvreuils sur leurs mirlitons,
Repetaient en rond :
Jean de la Lune, Jean de la Lune.

On le voyait passer quelquefois
Dans un coupe grand comme une noix,
Et que le long des sentiers fleuris
Trainaient deux souris,
Jean de la Lune, Jean de la Lune.

Si par hasard, s'offrait un ruisseau,
Qui l'arretait sur place aussitot,
Trop petit pour le franchir d'un bond,
Faisait d'herbe un pont
Jean de la Lune, Jean de la Lune.

Quand il mourut, chacun le pleura
Dans son potiron, on l'enterra,
Et sur sa tombe on ecrivit
Sur la croix : Ci-git
Jean de la Lune, Jean de la Lune.


YouTubeでこの曲を聞く


前へHOME次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2009
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである