HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


とてもご機嫌 La bonne aventure o gue



フランス民謡から「とてもご機嫌」La bonne aventure o gue(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  ぼくは 赤ちゃん
  おちゃめな 赤ちゃん
  ボンボンが 好きなんだ
  ジャムも 好きだよ
  くれるんだったら
  喜んで食べるよ
  そしたらご機嫌だよ
  とてもご機嫌

  ほかの男の子だって
  お利巧にしてれば
  おいしいボンボンを
  もらえるけど
  すねたりしたら
  鞭でたたかれちゃう
  そしたらいやだよ
  とてもいやだよ

  ぼくもお利口にして
  ママを喜ばそう
  お勉強をして
  パパを安心させよう
  いい子になって
  抱いてもらうんだ
  そしたらご機嫌だよ
  とてもご機嫌


お茶目で抜け目のない赤ちゃんのお話です。いい子にしていればボンボンをもらえたり、抱いてもらったりされるけど、悪い子になると鞭でたたかれる、赤ちゃんでもそれくらいなことは知っています。







La bonne aventure o gue

  Je suis un petit poupon
  De bonne figure
  Qui aime bien les bonbons
  Et les confitures.
  Si vous voulez m'en donner,
  Je saurai bien les manger
  La bonne aventure o gue,
  La bonne aventure.

  Lorsque les petits garcons
  Sont gentils et sages,
  On leur donne des bonbons,
  De belles images,
  Mais quand il se font gronder
  C'est le fouet qu'il faut donner.
  La triste aventure o gue,
  La triste aventure.

  Je serai sage et bien bon
  Pour plaire a ma mere,
  Je saurai bien ma lecon
  Pour plaire a mon pere.
  Je veux bien les contenter
  Et s'ils veulent m'embrasser,
  La bonne aventure o gue,
  La bonne aventure.


YouTubeでこの曲を聞く


前へHOME次へ








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2009
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである